亀板と鹿角ってどんなもの?


亀鹿二仙丸は、
「医方考」という、中国の古い書物に
記されている漢方の処方です。

配合されている亀板と鹿角には、
次のような働きがあると書かれています。

●亀板で栄養充実
亀板とは、
スッポンの背の甲羅を煮つめて
作る生薬のこと。

血を充実させ、
体のすみずみまで栄養を運び、
内臓機能を高め、
元気を作り出すと言われています。

●鹿角で温めて栄養を巡らせる
鹿角とは、
文字通り鹿の角を加工して
作られた生薬。

精気を養い、
活力を体のすみずみに巡らせます。

身体が本来持っている
「温める力」を補うことで、
代謝のサポートを行います。

ページトップへ