爽肌精ローション「陽」

お肌のバリアを守るさっぱりタイプの化粧水 爽肌精 ローション「陽」

敏感肌、赤み、かゆみ、炎症、ブツブツなどの荒れやすいお肌に。紫外線のダメージや、
大人ニキビが気になる方にもオススメです。
『陽の時期』の荒れやすいお肌にやさしく浸透。
ローションパックをすると、毛穴の奥まで天然成分が届きます。
より一層お肌をお肌を鎮静しながらバリアを作り、みずみずしくなめらかなお肌に。

※美容サイト「スキンケア大学」で紹介されました。

『陰』『陽』『精』について

3780円(税込) 120ml
(1回の使用量500円玉大1~2個分 手で塗布した場合 約1か月分
※1回コットン2枚でローションパックをした場合 約1週間分)


クリーム「陽」と合わせてご使用下さい。(オリジナルコットンでのローションパックがオススメです)
※浸透がよいため、お肌に傷がある場合はしみることがあります。そのときは、陽クリームと陽ローションを手のひらの上で混ぜて、乳液状にしてからやさしく手で塗布してください。

手のひらにローションをのせた様子手のひら、コットンへのローション陽の塗布

爽肌精ローション陽の規定使用量である500円玉大のローション1~2個を手のひらまたはコットンにのせます。画像はローションをコットンにのせた例→

爽肌精ローション陽
規定使用量:500円玉大のローションを1~2個
(目安量でかまいません)

 

顔全体にローションをなじませている様子

顔へのローション塗布

手のひら、またはコットンで優しくローションを顔全体になじませます。

※ 浸透がよいため、お肌に傷がある場合はしみることがあります。そのときは、陽クリームと陽ローションを手のひらの上で混ぜて、乳液状にしてからやさしく手で塗布してください。

 

お勧めの使用周期  生理前2週間または朝のお手入れ

ヨクイニン オウゴン オウレン キンギンカ クジン バシケン カンゾウ

【原材料名】水、BG、グリセリン、ラフィノース、1,2-ヘキサンジオール、ハトムギ(ヨクイニン)エキス、オウゴンエキス、オウレンエキス、スイカズラ花(キンギンカ)エキス、クララ(クジン)根エキス、スベリヒユ(バシケン)エキス、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、フェノキシエタノール

3780円(税込) 120ml
(1回の使用量500円玉大1~2個分 手で塗布した場合 約1か月分
※1回コットン2枚でローションパックをした場合 約1週間分)

関連ページ|爽肌精のお手入れの方法中医美容って何?爽肌精の美肌周期療法ケアとは?